teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ニッパー

 投稿者:バーディ  投稿日:2012年 8月28日(火)22時19分24秒
  私はボークスが全レジで試用をするほど推していたゴッドハンドのアルティメットを使ってます。これも実にいいニッパーです。片刃なのでゲートギリギリに切ってもプラを喰わないので切断面の処理をずいぶんやらずにすみます。

T-26はホビーボスから出ますね。1931年型は発売され、1935年型もアナウンスがありました。好きな戦車なので楽しみです。
 
 

あとは、ぱきぱきニッパるだけ

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 8月19日(日)14時48分59秒
  グッスマ極薄刃ニッパー、私は「対・AFVクラブ用」に買いましたよ。
AFVクラブのキットって細かいパーツが多いし、プラ質がなんか柔らか粘る感じですよね。こりゃ爪切りじゃストレス湧くなと(^^;)。

T-26は、そうねーブロンコあたりがやってくれたら気分良く組めそうですねー。あとはズベズダとかミニアートとか。
 

あのニッパー

 投稿者:邦人  投稿日:2012年 8月19日(日)13時52分28秒
  アタマが少し大きいことが気になりますが切れ味は最高ですね。
新製品、今時なんでもやってきますからT26もいずれブロンコあたりがやってくるかもしれませんね
 

まぁボチボチと…

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 8月19日(日)13時30分23秒
  T-70 もそうですが、仕掛品が多すぎですねー私も(^^;)。
模型屋に行ったら新製品が山のようにあって、そういった旬の物も楽しみたいですから、その為にもとりあえず仕掛品を何とかしたいところです。グッスマの極薄刃ニッパーも買ったことだし。
 

急激に

 投稿者:邦人  投稿日:2012年 8月19日(日)10時21分19秒
  活動復活感がありますね。是非T70も先に進めて頂いて、完成までもって行って欲しいですよ。
T-26も二両作って連結状態を見たい!
 

【GIZMOLOGIC MEMO】更新

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 8月18日(土)14時45分1秒
  『日本全国・夏のギズモロ祭り 2012』の一環として(←今考えた)【GIZMOLOGIC MEMO】に【自動連結装置付きの "T-26"】記事を追加しました。

個人的に興味があり、またテーマにもしている「独ソ戦初期に投入された、ソ連軍の試作~先行量産兵器」ネタです。
んーと…まぁ地味ですね。あと、何処へ行こうとしてるんだ>オレ…って感じでもあります(^^;)。
 

DAICON FILM版『帰マン』も上映すればいいのに…

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 7月11日(水)23時45分43秒
  事前招待会、私はグッスマ枠で「巨神兵figma付き」でした。
巨神兵figmaは欲しかったし、figmaの代金だけで入場料はサービス、しかも本開催前に観られるということで願ったり叶ったりでした。

抽選だったんですが、予備で応募したもう1枚も実は当たってたんですよ。
丞さんに…というのもチラと考えたんですが、平日だし、もし内容的にハズレだったら交通費がアレだなぁと思って今回は見合わせちゃいました。

会期が10月8日までと長いんで、出張とかでこちらに来た時は是非見に行くべしです。都合が付くようだったらお供してもいいですよー。

プロップ系はやはりモデラー目線で見ちゃいますが、『メカゴジラの逆襲(1975)』で使われた「メカゴジラ2の人工頭脳」は、モデラー的には「いやいやいやコレはダメだろー!」と突っ込まざるを得ない仕上がりでした。声をあげて笑いたいのをグッと飲み込みましたよ。

観客には若い女性も結構多くて、これがウワサの「特撮女子」かーと思いましたね。まぁ今作った女子カテゴリーですが。
 

特撮天使ドクロちゃん

 投稿者:  投稿日:2012年 7月11日(水)22時43分8秒
  特撮博物館には行きたいと思ってましたが、迂闊にも事前招待会という企画を知りませんでした。もし応募して当たってたら、休み取って行ったのに…。  

【May-Q同盟・合同展作品集2012】UPしました

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 5月28日(月)23時45分29秒
  【May-Q同盟・合同展作品集2012】をUPしました。よろしければ御覧下さいませ。

http://members3.jcom.home.ne.jp/may-q/index.html

 

明日から『モデラーズクラブ合同展』

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 5月18日(金)21時01分24秒
  いよいよ明日から『静岡ホビーショー・モデラーズクラブ合同展』です。
先にご案内しましたが、【May-Q同盟】も合同展に卓を構えて展示を行います。

【May-Q同盟】の展示作品は、全てメンバーがこの1年の間に完成させた新作のみとなっております。
合同展においでの際には是非々々お立ち寄り下さい。


卓ブース位置のマップは【May-Q同盟】HPトップページにリンクがあります。
ちなみにこのブース位置マップは「電脳世界に入り込み、マップデータを(プールの底から水面を見上げるように)裏側から眺めた状態」をイメージしてますんで、場所の把握には注意が必要です(←意味無し設定)。まぁ要は去年までと同じ場所なんですが。

なーんて書いてますが、残念ながら私自身は都合により合同展不参加なんですよねー。去年も行けなかったんで今年は行きたかったなぁ。ううっ残念…。

http://members3.jcom.home.ne.jp/may-q/index.html

 

【May-Q同盟・出品予定リストを掲載しました】

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 5月 1日(火)20時43分20秒
  ゴールデンウィーク真っ盛りですが、皆々様に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか。

連休明けてそのまた翌週、5月17日からはいよいよ「静岡ホビーショー」。そして5月19日(土)・20日(日)の両日は、恒例の「モデラーズクラブ合同展」です。
ウチら【May-Q同盟】も勿論参加しますよ。

【May-Q同盟】では毎年「完全新作を、一人2個以上出品する」ということをモットーにしていますが、今年は既に参加各員とも新作を2個以上、ガツンと完成済みです。気合い入ってますよ?
つきましては、【May-Q同盟】サイトのトップページに2012. SHS. May-Q同盟出品作リスト」&「卓ブース位置マップを掲示しましたので、よろしければご覧下さい。

また、合同展にお越しの際は、ぜひぜひ【May-Q同盟】ブースにもお立ち寄り下さいませませ。「ギズモロ掲示板で見た」と伝えていただければ、名状しがたいMay-Qメンバーとの握手も無料となっております。
よろしくお願いします。

http://members3.jcom.home.ne.jp/may-q/index.html

 

オカンとボクと、時々、ボトンド

 投稿者:かば◎  投稿日:2012年 3月30日(金)00時48分50秒
  なんだか大胆な塗り分けの3色迷彩だなあと思ったら、

http://www.youtube.com/watch?v=N3kL9YQFF_k

この冒頭に出てくる3tハーフそのままの塗り分けですね。

http://kabanos.cocolog-nifty.com/blog/

 

怪談・ボトン灯籠

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 3月29日(木)22時11分7秒
  >>4枚目のKfz. der Wehrmacht由来写真はkl 5のようですね

ちょっとHDを漁ってみたら、荷台部以外はほぼ同仕様のドイツ軍使用車の写真がありました。この写真は恐らく開戦前の撮影。
http://gizmolog.cocolog-nifty.com/photos/zl/52b.jpg

なるほどー。これが kl 5 だとするなら、ハンガリーには kl 5・kl 6 両方あったという(モデラー的に歓迎すべき)方向で決着してくれそうですね(^^;)。

>>例えばbotondのパーツを入手したりしない限りは

Botond Models は暫く前まで The Body のショップで扱ってました。品質的には現在の水準ではそう高い方では無いので購入を躊躇してたんですが、現在は扱いも終了したようでいよいよ入手は困難ですね。 或いは活動を休止した可能性も高いかも。
落としておいたSd.kfz 11 コンバージョンキットの箱絵をUPしましょう。せめてものよすがに。
 

カロリー控えめ3tハーフ

 投稿者:かば◎  投稿日:2012年 3月29日(木)19時57分40秒
  kl 5の転輪がどう違うのか、私の手元にはkl 5の写真がないので判断できないのですが、とにかく、ハンガリー軍の3トンハーフはkl 6である(あるいはkl 6が混じっている)可能性が出てきたわけですね。

なんとなくまた「改造したい熱」がむくむくと。とはいっても(例えばbotondのパーツを入手したりしない限りは)結構おおごとの改造なんだよなー。

ちなみに、hideさんご指摘の写真は私もなんとなく古めかしさが気になっていましたが(転輪がはっきり写っていないことも含めて)、その一枚上の写真も、よく見ると、ボンネットサイドルーバーの特徴的な切り替えし(というか、開口方向の切り替え)がないような……。3tハーフ、意外に奥が深いです。カルロ・ベローチェの話はどこいった(笑)。

http://kabanos.cocolog-nifty.com/blog/

 

Az kat(あずきゃっと) = 猫(ってのは出来過ぎ)

 投稿者:hide  投稿日:2012年 3月29日(木)18時42分41秒
  改めてよく見ると件のリンク先実車画像のうち、4枚目のKfz. der Wehrmacht由来写真はkl 5のようですね(転輪のデザインが違う)。
で、この車両をよく見ると

>>左側(ドライバー側)が上下に分かれてますが

この上下分割がありません。窓枠の形自体も微妙に違いますね。トラクツに掲載の写真でも同じ特徴が見て取れるので、この点もkl 5ベースとkl 6ベースの識別点になりそうです。

ついでに気が付いた点だと、シャーシフレームの後端は多分初期仕様のままで良いとか、中央の弾薬庫は上段中央に物入れの口が開いてるハズ(実車画像の最後の一枚で、立ってる兵隊の陰に隠れてる)とか。

http://panzer-werkstatt.cocolog-nifty.com/blog/

 

Az nem = あずにゃん(たぶん)

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 3月28日(水)22時40分9秒
  >>第一鋳造ノズルの小さなウィンドウの~

私も昨日そこが気になりましたよ(^^;)。

Google 翻訳は(他の翻訳サービスも同様ですが)各国語から日本語に翻訳する場合、まず英語に訳し、それを再翻訳して日本語にしているようで、一種伝言ゲームっぽく意味が逸れるケースがありますね。例えば「露:Завод → 英: PLANT → 日:植物」みたいに。

件の箇所は「Az első szélvédő bal oldalán az első kis ablakból az öntőcsonkot ne felejtsd el kivágni. Az nem kell bele.」で、
英語にすると「The left front window of a small window to the first casting nozzle do not forget to cut out. It does not need it.」と訳されて、こっちの方がわかりやすいですな。

Sd.kfz11 のフロントウィンドウは左側(ドライバー側)が上下に分かれてますが、AFVクラブのキットは(補強&湯流れ用に)ここに縦に1本、実車には無いゲートがあるみたいですね。それを切り取れってことみたい。

ちなみに画像検索したら、このゲートをそのままにして組んでる人が結構多いみたいですねー(^^;)。

>hide さん。

なるほどー。確かに kl 5 とされる写真を見るとだいぶ違いますね。謎です。何かこの辺、トリックがあるような。
 

ぼるぐヴぁるども、はのまくも、あるんだよ

 投稿者:hide  投稿日:2012年 3月28日(水)18時25分22秒
  ちょっと気になって毎度おなじみトラクツのNo22-2を調べてみました。同書によるとHL kl 6のうち、ボルグヴァルド製の最初の90両とハノマク製の最初の50両はクローズキャブ型のボディを載せてたらしいです。というか、このクローズキャブ型って、単純に「kl 5とkl 6の初期に使われた初期型砲兵向けボディ」という事のような(斜め読みなんで間違ってたらスミマセン)。で、思いますに例えばセータ☆さんご指摘のリンクに出てくる写真は基本kl 6じゃないでしょうか。というのも普通kl 5だと装軌部分の転輪のデザインが違うので。因みにその5仕様の転輪はいた個体と、お馴染みの6仕様の個体、いずれもクローズキャブでドイツ軍が運用してる写真がトラクツに載ってます。ってことはハンガリーには、初期仕様のセコハン車を売りつけた、って事かも。

http://panzer-werkstatt.cocolog-nifty.com/blog/

 

第一鋳造ノズルの小さなウィンドウの前面

 投稿者:かば◎  投稿日:2012年 3月28日(水)01時39分51秒
  おー。これはなかなか。

と思って画像を落とそうとしたら、Polarさんのレジンキットの写真は、すでに落として資料写真フォルダに入ってました。しかも枚数が多かったので、別のところから落としてきた模様。落としてすっかり忘れてるなんて、意味ないなー。

これを見ると、前輪もレジンで交換されているのと、転輪とサスアームも替わっているのが気になりますね。ああ、文章何書いてるんだろ……。

「第一鋳造ノズルの小さなウィンドウの前面にウィンドウの左側には、カットアウトすることを忘れないでください。それは、それを必要としません。」とか言われてもなー(google翻訳)。

http://kabanos.cocolog-nifty.com/blog/

 

完全ハンザ党

 投稿者:セータ☆  投稿日:2012年 3月27日(火)22時07分28秒
  >>あれは一般的な6型の一つ前の5型で、どうやら前輪のサイズも違うらしい

うげげっ、そうなんですかー。
ググったら、なるほど「Sd.Kfz.11 (HL kl 5) / 37M」としていますね。

戦車や装甲車と違ってソフトスキン系の生産時期による変更点って、まず調べるだけでも手間が掛かるからなぁ。

下あたりじゃサクッと作ってますね。ページ真ん中よりやや上にUPされてるのがボトンド製キットみたいですな。
http://www.makett.org/index.php?topic=1069.0
 

はんざ・ろいど

 投稿者:かば◎  投稿日:2012年 3月27日(火)17時05分16秒
  3tハーフのハンガリー型、youtubeで、迷彩でleFH18を引っ張って走っているのを見て以来いいなあと思っていて、「よし、キャビン(と後ろの弾薬庫)くらい作ってやろうじゃないか」みたいな無謀な決意を一時は固めていたんですが……。

あれは一般的な6型の一つ前の5型で、どうやら前輪のサイズも違うらしいとかいう話を聞くに及んで、ちょっとしぼみ気味です。

とにかくハンガリー(とかルーマニア)の場合「基本同じなんだけど、ビミョーにチガウ」というところが多いのが激しく面倒です。

http://kabanos.cocolog-nifty.com/blog/

 

レンタル掲示板
/39