teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『第12回SJF学術集会 北九州大会のご案内』

 投稿者:SJF学会九州北支部山本真一郎メール  投稿日:2011年 4月 6日(水)02時52分1秒
返信・引用
  SJF学会 会員各位

春暖の候、先生方におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。しかしながら、東日本大震災の爪痕が深く残り、未だ余震や原発の問題など不安な状況が続いております。被害に遭われました方々には心より哀悼の意とお見舞いを申し上げます。
さて、平成23年9月18日(日)・19日(月・祝)の2日間にわたり、第12回SJF学術集会 北九州大会の開催を予定しております。今回のテーマは『関節疾患とSJF』~関節リウマチについて~です。昨年のパーキンソン病に続き、非常に興味深いテーマとなっております。大会プログラムとしては1日目に大会長講演、理事長基調講演、九州大学病院整形外科の馬渡太郎先生による関節リウマチについての特別講演、宇都宮理事長によるデモンストレーション、そしてシンポジウム、2日目は一般演題Ⅰ・Ⅱおよびポスター発表と中身の濃い内容となっております。
また、大会前日の17日(土)にはSJFインフォメーション講座として大会参加者の中で希望される方には無料にて受講頂き、大会前にSJFについて理解を深めて頂く企画も予定しております(希望者多数の場合は抽選とさせて頂きます)。
引き続き一般演題も募集しておりますので、日頃の成果を存分にこの場で発表して頂きたいと思います。
今大会は研究会から学会へと飛躍した初めての開催となります。その記念すべき大会となるようしっかり準備して参ります。皆様のお越しを九州北支部スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

大会参加のお申込みはSJF学会九州北支部HPをご参照下さい。
http://sjf-knp.news-site.net/

第12回SJF学術集会 北九州大会
大会長 山本真一郎(二田水整形外科医院:九州北支部長)
 
 

文献のお礼

 投稿者:北海道東北支部 山崎道夫  投稿日:2010年12月29日(水)00時20分43秒
返信・引用
  掲示板を見て,文献を送っていただきありがとうございます.

今後の理学療法士の仕事を考えて行く上で,また患者の利益を考えた時に他部署との連携は重要だと考えています.

しかし,そのことについての文献を目にすることがなかったので興味を持ちました.

今回,迅速に文献を送っていただき本当にありがとうございます.
役に立てる理学療法士になるために勉強していきます!

 

山梨大会 御礼

 投稿者:甲信越支部 小林力メール  投稿日:2010年 9月23日(木)22時56分10秒
返信・引用
  多くの先生方に書き込みをして頂きましてありがとう御座います。
山梨大会も無事に終了する事が出来ました!これもひとえに参加して下さった先生方に支えられたからこそだと思います。大変感謝しております。
また、支部としてもスタッフ一丸となり準備をする事が出来た事で、支部の成長に繋がったと思います。スタッフの先生方、大変お疲れ様でした。楽しく準備、当日の運営が出来たのも皆で頑張ったからだと思います。開放感も束の間、まだ残務等ありますがあと一息頑張りましょう。

常に進化を遂げるSJFに置いて行かれないよう、自分も日々精進していきたい思います。
今後とも宜しくお願い致します。


甲信越支部 一宮温泉病院 小林力
 

お世話になりました。

 投稿者:大谷 研二  投稿日:2010年 9月23日(木)10時13分50秒
返信・引用
  北澤先生、そして、大会運営スタッフの皆さまお疲れ様でした。とても刺激的で充実した山梨大会でした。
またまた、誰も見つけられなかった新たな扉を開いていただいたと感じました。しっかりついていけるよう頑張らなければと強く思いました。ありがとうございました。
今後の甲信越支部の皆さまのご発展をお祈りします。

山口支部も広島支部に移行します。気分も新たに甲信越支部のような活気が膨らむよう頑張りたいと思います。

最後になりましたが、北澤先生SJF賞おめでとうございます。
SJF山口支部 大谷研二
 

ありがとうございました。

 投稿者:原 典子  投稿日:2010年 9月22日(水)19時09分43秒
返信・引用
  北澤先生はじめ、山梨大会のスタッフの皆様、大会ではお世話になりました。
ありがとうございましたm(_ _)m
とても、居心地よく過ごさせて頂きました。
またまた、新しいことが起こってますね☆
これからも、さらなる発展に後れを取らないように、頑張ります!!

大会ご苦労さまでした。まだ残務がありますでしょうが、頑張って下さい。
本当にありがとうございました。

関西支部 大阪赤十字病院  原典子
 

ありがとうございました。

 投稿者:北澤 澄メール  投稿日:2010年 9月22日(水)13時09分54秒
返信・引用
  大勢の先生方から感想をいただきありがとうございます。
皆さんの感想を聞いていると、私自身は研究会の内容をまだまだ未消化のようです。
これからじっくり振り返り、研究会誌の作成など行いながら勉強して参加者の皆さんに追いつくようにしたいと思います。
参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。
皆さんに遅れぬよう頑張っていきたいと思います。

http://sjfkousinjim.web.fc2.com/

 

ありがとうございました

 投稿者:河野克彦メール  投稿日:2010年 9月22日(水)08時00分59秒
返信・引用
  北澤大会長はじめ甲信越支部の皆さま、この度は大変御世話になりました。

特に小林事務局長!大会前の案内から御土産の事まで色々御世話になりありがとうございました。

明日からのSJF、患者のため、真のPT/OTになるために必死について行きましょう。

すぐ隣の兄弟支部です、いつでもいらしてください。
これからも宜しくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:姫野 吉徳メール  投稿日:2010年 9月22日(水)00時51分54秒
返信・引用
  甲信越支部の皆さんお疲れ様でした。いい会で気持ちよく発表させていただき光栄でした。毎年研究会で何かあると思ってましたがやっぱりありましたね。サプライズ!!SJF新時代じゃないですか。遅れないようについて行きましょう!!これから大変だ~  

ありがとうございました

 投稿者:舟川和孝メール  投稿日:2010年 9月21日(火)12時52分15秒
返信・引用
  山梨大会が充実して結ばれましたことにお慶び申し上げます。
スタッフの皆様のおかげで心地良い時間と空間を楽しむことができました。

私は初めての山梨で、初めての演題発表、初めてのほうとう!
改めてパーキンソン病を勉強しなおして、分かりやすい長坂医師の講演とシンポジウム。
そして宇都宮先生の講演で、自分が学ぶべきことがとてもすっきりまとめられた気がしています。

澤田先生にSJFを勧めていただいた時が懐かしく思い出されながらの帰り道でした。
北海道に着いたら「さむっ」気温18℃!でした。

北澤先生をはじめ、スタッフの皆様に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
 

ありがとうございました!

 投稿者:太田智江  投稿日:2010年 9月21日(火)12時26分56秒
返信・引用
   山梨大会、大変素晴らしい内容で盛会裡に終わられましたことお慶び申し上げます。
 大会の準備・開催とご尽力された甲信越支部の皆さま、大変気持の良い充実した大会になりましたこと感謝いたします。
 今回の「明日からのSJF」というテーマで新しい扉が開かれると予想し楽しみにしていたのですが、その思いも覆され、世界ではなく新しい次元に到達したという驚きでした。
 その新たな次元は宇都宮先生の講演によって始まりました。1時間という時間の予定でしたが、私には15分で終わってしまったのかと思うほどの驚きの内容の連続でした。大変わかりやすく説明いただき、その内容は臨床行っているSJF治療の効果によっても理解できました。
 いつも新しい宇都宮先生、ありがとうございます。そして、このテーマを頂いた伊藤先生に感謝申し上げます。
 今回の大会でさらに、北海道東北支部も、ますます燃えて頑張ろうと心に刻みました。
 素敵なお人柄の北澤先生、ありがとうございました。SJF賞を受賞された北澤先生を見習って行きます。
 

レンタル掲示板
/5