teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ひよこさんへ

 投稿者:masu  投稿日:2003年11月27日(木)09時18分27秒
  2003 ツリコレ たくさん集めましたね。
写真を撮り始めたら、いろいろな場所にある
ツリーが気になって!
このHPは他にも展開していくのでしょうか?
お正月は、門松シリーズ??
 
 

ごぶさたしております

 投稿者:ひよこ?  投稿日:2003年11月26日(水)07時32分54秒
  こんなものを作りました。皆様遊びに来て下さい。

http://members.aol.com/cyclesoccer/trees-top

 

全 直之 さんへ

 投稿者:masuメール  投稿日:2003年 1月14日(火)18時48分36秒
  どのあたりを先生に指摘されたのか解りませんが、
椅子の魅力とは、大きくは3つあると考えています。
1つ目は、やはり機能です。座りやすいかどうかです。
くつろいで座るのと、パブリックな公園などで座るのは、
当然雰囲気は異なりますが、座りやすい点が第1。
2つ目が、形です。綺麗から見るに耐えるとグレードが
あります。美しいかどうかの点です。
3つ目、自分も含めて、気にいっている人がいるかどうか
です。自分が気にいっていれば、それでも良し、そして
誰かが気にいってくれれば、尚良し。
別に先生が気にいってくれなくても良い訳です。
デザインとは、そういうモノです。
ただし、先生にいろいろ言われても、反論が出来るだけの、
コンセプトやポリシーを持っていなければなりません。
コンセプトやポリシーとは、どんな椅子を設計したかったか?、
そしてそれは実現できたか?その2点です。

先生が感じた事を助言するのも教育ですが、先生に反論するのも
教育です。そして実直にその反論を受け止める事が出来るのが、
教育者です。ただ先生と呼ばれている人物か、教育者としての
先生かの差です。
長くなりましたが、この雑談を活かせるかどうかは、たかが椅子
かもわかりませんが、貴重な宝になるかもしれません。
 

今椅子を作ってます。ご指導お願いします。

 投稿者:全 直之メール  投稿日:2003年 1月14日(火)16時50分53秒
  私は京都市内の芸大に通う学生ですが、今授業で椅子作りに挑んでいます。それがとても難解で、デザインは大体固まっているのですが、先生に設計の不備をここぞとばかりに突かれ何度もデザインを変えさせられる事態に陥っています。どうか私にうまく設計する助言を出してはくれませんか?本当に困っています。私はファッションをメインに学んでいるんですがそれに支障を兆すほど難解で時間のなさに困っています。どうか何でもいいので助言をください。n.zen@ezweb.ne.jp
 

橋爪さんへ

 投稿者:masuzawaメール  投稿日:2002年12月 1日(日)08時56分23秒
  元気そうですね!
桜の大木は、工事の最初に伐採しました。
かわりに路地のに面して大島桜を植えました。
花の数は少ないのですが、なかなか趣きはあります。
来年も多分その花が見られるでしょう。
今は、垣根に寒つばきが咲いています。
 

住宅建築12月号

 投稿者:masuzawaメール  投稿日:2002年12月 1日(日)08時47分37秒
  M & M house、住宅建築12月号に載っています。
本屋さんで、のぞいてみてください。
 

久し振りにお会い致しました。

 投稿者:k3 hashizume  投稿日:2002年11月30日(土)10時46分17秒
  何時の日か実物を見せていただきます。
追伸 桜の木はどこに行きましたでしょうか?
 

情報

 投稿者:masuzawaメール  投稿日:2002年11月 9日(土)17時20分10秒
  M & M house が住宅建築12月号に掲載されます。
MAAの情報誌、通り芯8号も近々編集完了し、発送出来そうです。
希望者は、住所と氏名をメールで返信していただければ、お送りいたします。

http://homepage1.nifty.com/masuzawa/index0.html

 

mathsheeさま

 投稿者:ばんしゅうメール  投稿日:2002年 8月 4日(日)20時20分22秒
  建築大辞典のご紹介の件、ありがとうございます。早速図書館で閲覧しようと思います。また、建築士会のご紹介もありがとうございます。私は名古屋なのですぐにはいけませんが、東京に行く用事があるときによって見たいと思います。どうもありがとうございました。  

たかまつさんへ

 投稿者:mathsheeメール  投稿日:2002年 8月 4日(日)19時51分9秒
  リビングチェアを作ったきっかけは、元々なかなか気にいった椅子がなくて、
面的な部材で作る椅子を考えていました。今回自宅+事務所(M & M house)を建築して、その後、なんとかそんな椅子作りに協力してくれるところを探していました。そうしたら家具メーカーもホウトクの子会社で木工房シンという工房が、協力してくれて、試作品を作る、そこへ行ってその試作品に座って、デザインも検討して、第2段階の試作品製作をやってくれました。そんな経過を
くぐって、やっと出来上がったリビングチェアです。勿論図面も模型も作りました。
組み立て式で、両肘、右肘、左肘、肘なしの4種類が出来ます。
ひとり暮しの人は1ヶ、彼女が出来たら2ヶ、結婚したら3ヶ、子供が生まれたら4ヶという風に増やして長く使えるという発想の椅子です。そして、その家の子供が独立していったら、その椅子を持って行く、というシステムです。そうして、その椅子は50年も、100年も
さらに500年位たって、その椅子の考案者は、masuzawaであったという歴史を刻む訳です。
第1番目の購入者はまだ、見つかっていません。愛着、愛としつこさのあるリビングチェアです。組み立ては10分もあれば完了します。65cm×65cmです。お父上のなんとか祝いにいかがですか!

http://happy-yukiko.net/

 

レンタル掲示板
/9