teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


パチパチパンチ

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年12月 6日(木)22時48分58秒
  >>ぱちんぱちんとラジエターが嵌る音

あれ、タミヤなら「ラジエターパーツはパチンと音がするまで嵌め込みます」とか書きそうなところですが、「パチン」だけというのは新鮮でした。
意図を汲めずに「指パッチン」とかする人もいそうですね(いない)。

キットにデカールの入っている例の「我々は~復讐する!」号は、2000年に発行された本で見て「コレだ!」と思ったんですが、その本にはイラストだけで写真が無かったんです。
今は検索すれば出てきますが、あれこれ探しても元写真にはお目にかかれず、やっと写真を拝めたのは2011年でした。

タミヤからM3A1スカウトが出ると聞いて「いよいよアレを作る時が来たか…」と思ってたら、まさかのキットデカール採用かよ…っと若干恨み節(^^;)。まぁ勿論、とっとと作らないのが悪いんですが。

でもあのマーキング、実は最近「車体の反対側にも書かれていた説」が出て来たんですよね。ただその写真はまたも未見なので、これまた真偽は不明という…。

>>GAZ-M1用エッチングセット

在庫があればラッキーですね。ショップに在庫が無いとメーカー仕入れですが、だいぶ若い製品なのでメーカー在庫が微妙かも?その場合は再生産まで半年待ちとかも…(^^;)。
幸運を祈ります。
 
 

スカウトカーが街にやってくる

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年12月 6日(木)21時22分16秒
  ようやっとM3A1スカウトカー買ってきました。
クリスマスの翌日には街のあちこちでぱちんぱちんとラジエターが嵌る音が聞こえてきそうですね。
(アジア系ロシア兵が乗ったスカウトカーのプラモをサンタに頼む子供もいないか.. )

不思議なものでキットのデカールに入ってしまうと、それとは違う車両を作ってみたくなるものです。
大きな数字をつけたのにしようかな、マスキングテープ切り抜いてマーキングできるかなとあれこれ思案中。

その前にサクっとGAZ M1でも組んでみようかと思い立って、
つい魔が差してТПО МикродизайнのGAZ-M1用エッチングセット(MD 035207)をロシアに注文してしまいました....
ちゃんと届くかしら?

https://hnnh3.exblog.jp/

 

責任とってよね

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年11月20日(火)23時41分56秒
  私もホニャーララ(仮名)製のキットは幾つか所有(T-24とかT-38とかOT-130とか)しており、基本的には是々非々対応なんですが、個人的には改修前提のベースキット扱いですかねー。

かなりマイナーなアイテムも出すメーカーなのでその点は期待したいんですが、ただ新キットを出すからには、ある程度品質についての「責任」も持って欲しいよなーと思うんですよね。どんな出来でも「そのアイテムは既にキット化されたよ」という事実が生まれ、他社が後発では出しにくくなるので。マイナーアイテムの場合は特に。

BT-2も古いズベズダよりは良いみたい?…ではあるので、コツコツと手を入れて行けばそれなりに良くはなると思いますが、ベースとなるキットもやはりある程度の出来じゃないと手を入れてやろうという意欲も湧きにくい…ですね。

>>ミニアートからT-60のカチューシャ搭載型(BM-8-24)

昨日から詳細を見て感激&興奮してます(^^;)。
今年中に出るのかなあ?だとしたらクリスマス・プレゼントはこれがいいとサンタさんにお願いしなきゃ。
 

君の凹みは...

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年11月20日(火)22時39分12秒
  >この凹みはBT-7からの仕様ですね

うう。。そんなトラップが。
ほにゃーららのことだから矢継ぎ早にバリエーション展開してBT-5まで一気に出しそうな予感がしてましたが、
フェンダーの凹みはBT-5にもないなんて、金型の共通化ではなく、ただの間違いだったのね..やれやれ
ほにゃーららのキットはT-50とT-40Sを持ってて、T-40Sの転輪なんかはタミさんのSU-76Mの
転輪より雰囲気はよかったりと、 金型の技術は悪くないだけにBT-2の凹みは残念なお知らせですね。

そうもするうちにミニアートからT-60のカチューシャ搭載型(BM-8-24)がいよいよ出ますね。
ドライバーズハッチのベンチレーションが丸型パンチング穴タイプのがついてて、それが欲しい

http://hnnh3.exblog.jp/

 

ホニャーララのBT-2

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年11月18日(日)16時08分48秒
  >>ホニャーララ(仮名)からついにBT-2

新製品については余りネガティブな事を書かないようにしているんですが…、まぁぶっちゃけ正直言ってオススメはしかねますかねー。
実際に手に取った訳ではないので寸法的な事は言えませんが、各部のディテールやサイズには???となります。また、生産各型をごっちゃにしているきらいがあります。

一番目立つのはフロントフェンダーで、前照灯用の「凹み」が付いていますが、この凹みはBT-7からの仕様ですね。BT-7になって操縦席区画の幅が広がったのでそれに対応した処置です。またそのまま組むと第1転輪のハブ部が90度横倒しになっちゃうようです。その辺りからも全体の出来が推し量られるかと。

模型は結局のところ「素材」なので、どんなキットも作る人の腕次第…ではあるんですが、スケールモデルとしてそれなりの出来にするには色々と苦労しそうです。
 

ほにゃーららBT

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年11月18日(日)06時10分7秒
  ホニャーララ(仮名)のキットは参照図面をそのままパーツに起こしているようなところがあって、
その図面の出来不出来がキットのクオリティにそのまま出ているような気がしますね。

ホニャーララ(仮名)からついにBT-2がリリースされましたが、どんな仕上がりなんでしょうね。
怖いもの見たさで模型店に買いにいってみましたが、結局、ズベズダのGAZ M1を買ってきてしまいました。
まあこれもずっと買わなきゃ買わなきゃと思ってたので、買うなら今でしょ..と (^^!)

https://hnnh3.exblog.jp/

 

多砲塔は寝て待て

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年11月12日(月)21時36分11秒
  ZVEZDAのT-28、来年5月の発売だそうでまだCGが発表された段階ですが、まぁT-35準拠の仕上がりになるんでしょうかね。

とはいえ、AERや旧ICM製のは流石に古いし、ホニャーララ(仮名)製は未所有ですが何かあちこちデカいしなので、基本寸法がカッチリしたものを出してくれると嬉しいんですが、さてどうなるか。

GAZ M1は、手頃な値段で売ってるのを見掛けるとついついポチっちゃいます。
ZVEZDAはバリエーションをあまり出さないので、GAZ 11-73や、装甲車系のベースとしても複数あると安心(←何が)です。

『AFV Photo Album 1』、今回は「倉庫から何箱か出て来た」ということでしたが、在庫管理どーなってんだよって感じですね(^^;)。
 

ずべずだー

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年11月12日(月)19時17分14秒
  ZVEZDAからT-28が出るんですね。
お値段的には期待できそうですが、ディテール再現はまた微妙な感じかしらね。
T-35の転輪のモールド省略ぶりには閉口しましたが。

しかしGAZ M1  3台目ってどーゆーこと?(笑)
まあ、私は本体は買ってないのに、PanzerArtのGAZ M1用タイヤだけ持ってますが..

それはそうと今日、スェーデンのCanforaからAFV Photo Albumが届きました。
発送したとか何の連絡もこないから気長に待とうかと思ってたら10日ぐらいで着きましたね。
販売情報、ありがとうございました。

https://hnnh3.exblog.jp/

 

模型を作る時はね 誰にも邪魔されず自由で なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで…。

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年10月26日(金)23時06分55秒
  プラモデルは、作成者の思うままに「バージョンアップ」出来るところが私にとっては魅力ですね。
工作のバージョンアップだったり塗装のバージョンアップだったりで「俺・バージョン」にするまでが私にとっての模型趣味です。
 

泥沼が待っていますから

 投稿者:hiranuma  投稿日:2018年10月26日(金)21時15分39秒
  素組みで作ろうなどと勝手な思い込みで作り始めたら最初から最後まですべて新規工作の追加なんて、よくあります。
タミヤでもそうで、東欧のものなら大歓迎で工作し放題ですね。
ひとつは、目の付けどころ:見なくてもいいものを見てしまう。
もうひとつは、どうしようもないキットで何とかしてやらないといけないとき。
今度のはどちらかな~!
 

ロレーヌ修羅っ場ー自走砲

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年10月25日(木)21時39分49秒
  レンドリースのM3A1スカウトカーは、車輪や前部の超壕ローラー等を外した状態の箱詰キットとして送られて、到着後に最終組み立てされたようなので、その際に別種のタイヤが装着されたケースもありえそう。タイヤ自体はランフラットの無パンクタイヤじゃなかったかな。

>>パチパチと部品が嵌って、履帯がなくてお気楽に3日ぐらいで完成するキット

そういうキットって話では良く聞きますが、都市伝説の類いじゃないでしょうかね。3日で完成したためしがないですよ(^^;)。
 

借物装甲車

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年10月25日(木)18時02分50秒
  >>「前輪コンバットホイール&後輪6穴ホイール」なんて車両がチラホラ
これちょっと面白いですね。スペアが足りなくてスチュードベーカーあたりから持ってきたのかしら。
ZISトラックから調達したと思しき2穴タイプのホイールをつけたのも見かけました。

6穴ホイールに替える場合、タイヤのトレッドパターンがノーマルな櫛形のものなのか、指向性タイプのものなのか悩むところです。
そうやって他から持ってきたパーツが混在して、オリーブドラブと4BOグリーンの塗装色が混在したら楽しいかなと思いましたが、グリーンのニュアンスの違いなんて微妙すぎるし、そもそもどっちも米国製だし..

タミヤのM3A1スカウトを作りたいなーと思うのは、今、フルレジンキットと格闘しているその反動でしょうか。
パチパチと部品が嵌って、履帯がなくてお気楽に3日ぐらいで完成するキットに飢えてます。
でも、そうこうするうちにPassionModelsあたりからエッチングディテールアップセットが出たりして、
3日のはずが3ヶ月コースになって、ほどなく5カ年計画に棚上げされるいつものパターン。

https://hnnh3.exblog.jp/

 

ハイブリットホイール仕様?

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年10月24日(水)23時26分35秒
  >>ホイールがトラック用の6穴ホイール

あれ、ホントだー、気付いてませんでしたよ(^^;)。
6穴ホイール&8穴ホイールは初期の仕様ですね。「我々は~復讐する!」号の写真は貼られた写真のみだと思いますので、一般的なコンバットホイール仕様みたいですね。

ソ連軍レンドリース車両の場合、大戦後半の写真が多い為か、コンバットホイールばかり…かと思ったら!「前輪コンバットホイール&後輪6穴ホイール」なんて車両がチラホラ。これは萌えます。
旧MAXのM3A1スカウトカーは6穴ホイール付きでしたが、タイヤの幅が実物より細かったとかで、置換用のレジンタイヤがHusserあたりから幾つか出てます。それらを使うのも良さそう。

>>寝ても醒めてもタミヤのM3A1スカウトカーのリリースを心待ちにする日々

そそそんなに(^^;)? タミヤのM3A1スカウト、12月初めくらいでしたっけ。
でも、M3A1スカウトもM551シェリダンも「先行販売品」をあちこちで売ってるので、Webでは完成画像なんかもポロポロ出てきますね。新橋あたりでも買えるんじゃなかったでしたっけ?メーカー直売な訳ですが、あれって一般模型店的にはどうなんかなー。
 

まだかな、まだかなー

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年10月24日(水)19時12分57秒
  寝ても醒めてもタミヤのM3A1スカウトカーのリリースを心待ちにする日々ですが、
予習でもしておこうと、gizmologで「我々は~復讐する!」号のカラーイラストを眺めていて、
あれ? ホイールがトラック用の6穴ホイールだ.....

タミヤがホイールをコンパチでいれる訳なさそうだからGMCトラックから流用しないとダメかしら?
と焦りましたが、写真を見たらどうやら6穴ホイールではなさそう。
で、いいのですよね?

http://hnnh3.exblog.jp/

 

本当に世の中の模型は小さすぎて組めなぁーい!エッチングも連結履帯も小さすぎて組めなぁーい!!

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年 8月14日(火)14時09分19秒
  MasterClubの近作は原型に3D出力したものを元にしているようで、シャープさが抜きん出てますね。
近々、英・ユニバーサルキャリアー用【MTL35240:Tracks for Universal Carrier】なんてのも出るようで、これもやはり連結可動式というのが驚きです。
ユニバーサルキャリアー用は、モデルカステン製を半分切り出し&ゲート処理したところで力尽きた経験がありますが、まさに「小さすぎて組めなぁーい!!」状態でしたよ。MasterClubのはそれで可動式というのがスゴイ。さすがにピンはフリウル式みたいですね。

この調子ならば、ルノーUE用とか、TKS用とか、CV33用とかも出るかも?「MasterClub、だ~い好き(はぁと)」って感じです。
 

裏メニュー

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年 8月14日(火)11時15分35秒
  >セータ☆さん
>>MasterClubから【MTL35183:Tracks for Lorrain L37/38, Sd.Kfz.135 Geschutzwagen】ってのが

情報ありがとうございます。何かのページで見かけたんですが本家のページには載ってないから
どこで見たかな?あれは幻?ひょっとして裏メニュー? と思ってたところでした。

フリウルのものは原型はだいぶ前のものだし
そろそろアップデートしてほしいなあという気分だったのでこれはGoodNews!
MasterClubのは両サイドのフィンの形がより繊細でよい感じです。

が、しかしそんなこと知る前にフリウルのをやむなく買い込んでしまってましたよー(涙)
まあ、このサイズの履帯で極小レジンボルトを差し込むMasterClubのものより、
針金を刺すだけのフリウルのほうが組みやすくていいんですけどね(と、自分を納得させる)

MasterClubのページは更新が遅いですね。例のJS-2 1944-1945履帯も未だにリストに載ってないし。

https://hnnh3.exblog.jp/

 

ギザモログ

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年 8月12日(日)15時44分19秒
  両方とも初見でした。ありがとうございます。

1番目のM3A1は売りに出されてるんですね。商品説明を読むと、ブラジルで見つかった 1942年12月の生産車で、最後から5番目の車両とか書いてありますね。
面白いのは、「履帯は裏返すとフレッシュになる」みたいな事が書かれていて、なるほどこのタイプの履帯って表裏無いから裏返しても使えるんだーと新鮮でした。
 

ギザギザ金具

 投稿者:hiranuma  投稿日:2018年 8月12日(日)15時09分38秒
  ギザギザ金具、面白いですね。
今まで気がつきませんでした(知らないことばっかりっ!です)。
これは次回作では反映しないと、、、。

ストックの写真にギザギザ金具のあるものがありました。
もう1つこれはキザギザ金具の跡と思える写真もあります。
ここでは添付できないので。
調べて出てきたURLを貼り付けておきます。
既にご存知の写真かもしれませんが、、

http://car-from-uk.com/sale.php?id=109404

https://www.militaryfactory.com/armor/detail.asp?armor_id=36

 

ギザギザ金具の子守唄

 投稿者:セータ☆  投稿日:2018年 8月12日(日)13時40分1秒
  >>アメリカ戦車なんてオリーブドラブ色に塗られて星がついてるやつ

大体それで合ってますよ。
私なんか「M10」と「M10パンター」の違いがいまだにワカリマセン。むしろM10パンターの方が本物じゃないかとすら思ってます。そっちの方が格好良いし。

ユーゴのM3は下のとかそうですね。英軍経由なんでしょうかね?

ロレーヌ自走砲といえば、MasterClubから【MTL35183:Tracks for Lorrain L37/38, Sd.Kfz.135 Geschutzwagen】ってのが最近出ましたよ。
 

ギザM3

 投稿者:hn-nh  投稿日:2018年 8月12日(日)13時07分26秒
  たぶんもうすぐ発売のPassionmodelsのM3軽戦車用エッチングパーツに、例のギザギザ金具が入っていたらうっかりつけちゃうところでした。アメリカ戦車なんてオリーブドラブ色に塗られて星がついてるやつ、ぐらいの知識しかないもので..(汗)

この前、ロレーヌ自走砲を目当てに買ったAllied-Axis29がM3軽戦車も特集していて6角砲塔から溶接車体の後部バルジ丸形のM3A1まで一通りのタイプが公式記録写真メインに掲載されているのですが、それらを見てもギザギザ金具をつけてるのはいないですね。
確かにベオグラードに残る現存車両にはついてるけど。もしやと思って、ユーゴ軍がM3A3に75mm対戦車砲や20mm対空砲を乗せて使ってる車両を確認してみましたが、それらは未装着。

ソ連に送られた車両についてないのは、タンクデサントの兵士がギザギザ金具の上にうっかり腰を下ろしてクレームになったから、というのはガセネタです。

https://hnnh3.exblog.jp/

 

レンタル掲示板
/43