teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/96 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

映画「フローズンライフ」

 投稿者:simizuメール  投稿日:2007年10月 8日(月)21時15分6秒
  通報
  突然の書き込み失礼致します。

先日、こちらの掲示板でもご紹介させていただきました映画「フローズンライフ」が
9月14日(金)までのロードショーを無事終了いたしました。

大変多くの方にお越しいただき、おかげさまで評判も良く、なんと!!
追加上映が決定いたしました!

期間:10月20日(土)~11月2日(金)
時間:15:00より (1回のみの上映)
場所:UP LINK X(UP LINK FACTORY 2F)
   東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2階
   http://www.uplink.co.jp/top.php

【料金】当日一般:1500円 / 学生:1300円 / シニア1000円

「フローズンライフ」
「誕生日に届いたのは彼の凍結精子だった…」
透明な青の世界をつなぐ、孤独と愛のストーリー

・第10回ジンバブエ国際映画祭正式出品作品
・第1回ワイルドウッドバイザシー映画祭正式出品作品
・第30回ミルバレー映画祭正式出品
・第2回ユージーン国際映画祭正式出品

STORY
「誕生日に届いたのは彼の凍結精子だった...」
誕生日にりりへと凍結精子が届く。それは死んでしまった最愛の夫からだった。
その死を受け入れられないりりは、凍結精子と触れずに美しい音色を奏でる
楽器“テルミン” とともに都会を離れ独り田舎町の古民家に移り住む。
そこへ古民家に興味を抱くひとりの男、渉が現れる。
嬉しそうにカメラのファインダーを覗く彼の本当の狙いは凍結精子を奪うこと。
次第に明かされていく、りりと渉の過去。それはひとつの事件に向かって引き寄せられていった。
少子化の進む現代社会で、生命誕生の源である残された凍結精子をめぐって、
命に固執し葛藤する人間模様を、 美しい世界とともに描く孤独と愛の物語。


shin監督の世界を存分に堪能してください。
綺麗な映像の世界と、役者陣の演技を是非ご覧いただければと思います。


[お問い合わせ]
E-mail frozenlife@shin05.com
公式ホームページ http://frozen-life.com
フローズンライフ製作実行委員会 清水

※管理人様、不適切だと思われた場合は削除願います
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/96 《前のページ | 次のページ》
/96